四国豆腐連合会

平成31年度定時総会を開催

2018.11.10 平成31年度定時総会を開催

平成301110日(土)、高知市のオリエントホテル高知にて、平成31年度定時総会が開催されました。

当日は、ご来賓として「日本の豆腐文化を守る議員連盟幹事」の参議院議員(自由民主党)中西祐介先生、一般財団法人全国豆腐連合会より齊藤靖弘代表理事、一般社団法人全国豆腐機器連合会より川西代表理事をお迎えし、四国豆腐連合会会員企業より22名、来賓を含むゲスト9名、総勢31名のご出席をいただきました。


まず、総会に先立って四豆連設立5年目を記念して、この4年間で最も活躍された会員に「YON-TO-REN AWARDグランプリ」を授与することとし、ノミネートされた3名の方より、会員による投票の結果、中川義博氏(愛媛県・()中川食品)が受賞されました。


総会では以下の議案が審議され満場一致で可決承認されました。

1.平成30年度事業報告ならびに会計報告
2.会則第9条(1)代表理事任期及び再選規定変更の件

3.理事及び幹事の選任

4.代表理事の選任
5.平成31年度事業計画ならびに予算計画の件

 

事業報告、会計報告の後、役員の任期満了に伴い、承認された新理事の中から新代表理事に秋山益廣(香川県・㈱カンショク代表取締役)を、事務局長には村尾誠(徳島県・さとの雪食品㈱常務取締役)が選任されました。

 

また、新規個人会員として、兼松ソイテック㈱の濵田真一様(当日は佐野俊之リーダー様が出席)、楊学文氏のお二方がご入会されました。これで会員総数は26社、31名となりました。

続いて行われた講演会では『戦わずして勝つ為の「価値創造」マネジメント』と題してソフトブレーン・サービス㈱の会長小松弘明様よりご講演をいただきました。小松氏は高知市出身で銀行勤務を経て、2000年に同社に入社され、創業者の宋文洲氏と同社を5年で東証一部上場に成長させると共に、営業プロセス構築に関するコンサルタントで大企業・中堅企業の経営者から幅広い支持を得ておられます。当日はこれまでのご経験からプロセスマネジメントのエッセンスと事例のご紹介を通して企業規模に関係なく「生き残る術」としての価値創造を考える事・生み出すことが大切だと言うことをご講演いただきました。出席者は、皆一様に真剣な面持ちで熱心に耳を傾けておりました。

会員・豆腐マイスター交流会では9月に北海道(札幌市)で行われた『第4回全国豆腐品評会』で上位入賞した豆腐を入賞された豆腐事業者様よりご提供いただき、試食会を行いました。各部門で入賞した豆腐を食べ比べし、様々な意見交換をしていただきました。また、次代を担う青年部では、桑原年朗氏(㈲村のおっさん)が新部長に就任し、新しいメンバーとして、池田竹志氏(有)池田食品)も加わり、新年度の活動に向けた決意表明を行いました。

 

以上

CONTACT

PAGE TOP